うねり取り

対象銘柄の「癖」や「うねりの形」をチャートを分析して取りこみ、売買を進めて出向く手法だ。

短期で取り扱うほうが多いですが、三ヵ月サイクル等の中期的投資にもかわいく使える方も多いだ。

何よりもうねり取りで大切なのが、銘柄を固定することだ。株価の変動は銘柄にて異なります。

一定の幅で変動して要るような銘柄を見つければ、単純に一定の水準になれば買いに入り、一定の水準まで値上がりをすれば売るだけで利益を得ることができます。

こういううねり取りは、プロの投資家も4割も利用している手法と言われています。そのため、利益を得るために有効な手段と考えることができます。

銘柄の癖だけでなく市場の情報も収集決める

ただ、こういううねり取りだけで利益をつりあげるのは強敵勝率は安定して来ません。なので出来ればチャートの癖を解るだけでなく、市場全体の情報も仕入れた上で取引は行いましょう。

初心者の方は、注目している銘柄でうねり取りをするのだから、その銘柄だけに注目しておけば良いと考える方もいる。

しかし、株はその会社の業績だけでなく、国内外の政治や経済などの影響も著しく受けます。

うねり取りは、安定している市場で通用する取引であり、市場が混乱しているような状況では一切通用しない取引方法だ。

今の市場の状況を敢然と見極めて、うねり取りができる状況ならこの手法で確実な利益を得てみてはいかがでしょうか。

バイナリーオプションとFXの違いとは