株取引の私の三つのポイント

1. 会社が倒産しない限り、元本はゼロにはならない


株を発行していらっしゃる会社が倒産してしまったら、株の価値はゼロになります。

中小企業の場合、起業から10年以内に倒産する会社は、なんと約9割と言われます。

ですが最大手は別。

最大手約3500社のうち、2016年に倒産した会社はゼロ。2014年もゼロだ。リーマンショックの影響が一番大きかった2008年には33社、翌年は20社と増加しましたが、ここ5年は0〜6社で推移しています。

割合で言えば、最も手広く倒産した2008年も1%以下になる。

つまり、株を買った会社が倒産して、株式の価値がゼロになる確率は、1%に満たないと言えるでしょう。

その1%のリスクを恐れて株をやらないのは、勿体ないか?

2. 株価は常に変動する

会社が倒産しない限り、株価は変動し続けます。

ずっと下がり積み重ねる株も、のぼり積み重ねる株もほとんどありません。なんらかの要因で上がったり下がったりを繰り返します。

買った株が下がってしまっても、長期的に考えれば、またあがる可能性があるのです。

つまり、いつでも挽回のチャンスがあるというわけです。

3. インフレに強い

インフレは、物価が尻上がりだ。


たとえば10000円のPCがあったという行なう。これがインフレで2万円で出回るようになった場合、現金100万円の貯金の価値は、PC100個分から50個分に下がります。


も、PC会社の株式を持っていたら、PC会社の価値は、10000円でPCを売る時から、2万円で売るときのほうが価値が高まります。

インフレ時折、会社が発行しておる株式の価値も伸びるため、現金から株の方が強いのです。

カードローン自己破産とは

株のリスクが高くなる時

株で莫大な借金を背負うこともあります。


それは、信用取引と空売りをした場合。これは証券会社にお金を借りて株を買うことだ。

元金がたくさんあれば、株をたくさん貰え、結果的に利益も大きくなりますが、失敗した場合は、それだけ借金が膨らみます。

しかも、借りたお金は基本的には半年以内に返さないっていけませんし、金利も発生します。もし失敗したら、元金を失うだけでなく借金を背負うことになりますので、おすすめできません。

株は、余剰金で始めましょう。生活に必要なお金を株に回すのは危険です。

最初は狭く始め、株をきっかけに、投資の勉強を通じていきましょう。儲けようという焦らずに、経験って知識を積み増しながら、徐々に投資金額をあげて行くのが、ローリスクな株式投資のやり方だ。

キャッシング破産の割合

指値注文の注意点

株の指値注文は希望の額を指定し注文を出す方法であり売り手の額って合わなければ成立しない注文方法だ。

一方、成行注文は金額指定がないので注文が成立し易いですが、予想外の高値での成立になる場合もあり、短く買いたい場合に向いている注文方法だ。相場が上向きであり、しばらくはその流れが継続する場合は有効な取引方法だ。

株の成行注文や指値注文が向いているタイミング

指値注文は株価を指定しての取引になりますので、希望額で購入できるメリットがある反面、必ず購入出来るわけではありません。「その額でなければ買いたくない」そういった場合に有効な取引方法ですので相場が安定している時こそ活用したい方法だ。

逆に成行注文は額の指定がありませんので、相場が荒れている場合高値での購入になりやすい傾向にあります。相場が荒れている時は指値注文を選択した方が良いでしょう。成行注文は相場が上向きであり、翌日以降も株価が上昇するような場面では利益を確保しやすいですので、注文方法は相場の流れで感じ取る必要があります。

基本の注文方法は指値注文ってし、急いでいる時などに限り成行注文を使うか少し額を控えめにして指値注文を行いましょう。成行注文は価格が安定しない為リスクもありますので注意が必要です。リスクヘッジの投資としては投資信託や購入する株を分散し、急変ときのリスクを減らしていく事が大切です。

指値といった成行のプライオリティーの違い

株取引にあたって注文は成行注文が最優先であり、指値注文は売りって買いが当てはまる場合のみ成立します。ただ指値注文でも値動きが著しい場合はその値で約定出来ない場合もあります。これは空売りも同様であり、株価が下がる事を予想している時早期に約定する為に成行注文をするなどは良いでしょう。

ちなみに投資信託の場合は売り買いは成行注文のみで指値で投資信託を譲るといった事は出来ません。これは売買にかかる時間や投資先が複数です事が原因としてあります。とはいえ投資信託の場合長期保有が前提ですのであまり高く値に嵌る必要もないのかもしれません。

投資のメリットとデメリットを比較

うねり取り

対象銘柄の「癖」や「うねりの形」をチャートを分析して取りこみ、売買を進めて出向く手法だ。

短期で取り扱うほうが多いですが、三ヵ月サイクル等の中期的投資にもかわいく使える方も多いだ。

何よりもうねり取りで大切なのが、銘柄を固定することだ。株価の変動は銘柄にて異なります。

一定の幅で変動して要るような銘柄を見つければ、単純に一定の水準になれば買いに入り、一定の水準まで値上がりをすれば売るだけで利益を得ることができます。

こういううねり取りは、プロの投資家も4割も利用している手法と言われています。そのため、利益を得るために有効な手段と考えることができます。

銘柄の癖だけでなく市場の情報も収集決める

ただ、こういううねり取りだけで利益をつりあげるのは強敵勝率は安定して来ません。なので出来ればチャートの癖を解るだけでなく、市場全体の情報も仕入れた上で取引は行いましょう。

初心者の方は、注目している銘柄でうねり取りをするのだから、その銘柄だけに注目しておけば良いと考える方もいる。

しかし、株はその会社の業績だけでなく、国内外の政治や経済などの影響も著しく受けます。

うねり取りは、安定している市場で通用する取引であり、市場が混乱しているような状況では一切通用しない取引方法だ。

今の市場の状況を敢然と見極めて、うねり取りができる状況ならこの手法で確実な利益を得てみてはいかがでしょうか。

バイナリーオプションとFXの違いとは

株取引に必要なPCのスペック

株取引を行う為には証券会社に口座開設をし、その証券会社が提供するプログラムを使用します。これはインターネット上でOKWEB版の他に専用のアプリによって立ち向かう取引など複数のタイプがあります。

また株取引を行う媒体としてはタブレットやスマホ、電話などでも行う事が行え、スマホなどの場合はアプリにて対応可能な端末情報が公開されている。使用前にそういった情報を確認しておいた方が良いでしょう。

パソコンに関してですが、ポイントの一つに情報が短く表示されるかどうかがあります。これは特にデイトレードなど短期間で売買を増やす場合特に重要なポイントです。単純に取引を行うだけでしたら、現在のパソコンの性能は高いレベルにありますので新しく販売されているパソコンであれば大抵問題なく取引は可能です。

ただメーカーで販売しているパソコンは多くのプログラムが塞がり、凡庸性が厳しいモデルですものが多いです。その為株取引を専用に快適に行いたい場合はカスタム制作を通してもらえる工房などで専門パソコンを作成してくれますのでそういうモデルがお勧めです。

バイナリーオプション

寄り付きって何?

株取引の寄り付きは取引が開始された時点での取引の事で、これは午前って午後、いわゆる前場といった後場の二回あり取引開始前に注文を通して寄り付きで買う事が出来ます。

また寄り付きときの価格は予想出来ませんので、指値ではなく成行注文だ。取引開始前に成行注文を出す事が寄り付き価格で貰う方法だ。

株取引の寄り付きリスク

株取引を行う場合開始直後は値動きが最も荒々しい時期だ。特に週明けなど時間が空いている場合経済イベントが発生する事もあり、その影響で株価は凄まじく変化します。その為、寄り付きで購入する場合値動きのどぎついタイミングでの購入になる事になります。

寄り付きで購入後に即株価が急落してしまう場合もありますし、最初は上げていても途中で下りる場合もあります。株は噂であがる場合もありますし、仕手筋の購入で意図的に株価が出る場合もあります。

株の価格はその時のトレーダー達の意図で変化しますので、取引量が多い寄り付きはその変化の波を受けやすく自由自在の値での購入が出来ないというリスクがあります。

株取引でリスクを軽減する方法

株取引で寄り付き注文はリスクのある方法ですが、投資先を分散する事でそのリスクは燃やす事が出来ます。

投資信託も行われますが値動きの荒々しい投資先だけに集中するってハイリスクハイリターンの状態になります。リターンがでかい時は良いのですがその分損失も大きくなりがちになりますし、登るだけの相場はないものです。

そういう判断やメンタル的な強さを持つ事が株取引では重要になります。株は常に保有していなければいけないものではなく、確信を以て利益を得る事がやれるというところ売買するものなのです。

リスクヘッジが可能な投資信託も利益が出る可能性が高いといった断言行えるわけではありません。ですが投資信託の場合海外の株を投資先にやる場合もあり、株相場を国内だけで絞る必要がなくなります。株取引は様々な注文方法がありますが、自分の手法にあった取引を通していきましょう。

素人がトレードで成功出来るテクニカル分析のやり方

現引きと現渡しとは

信用取引で株を貰う場合、証券会社からお金を借りて、そのお金で株を買います。
それを決済する時は、信用取引で買った株を売って、その売却代金を証券会社に返します。

一方の空売りをする場合は、証券会社から株を借りて、市場で売却。決済する時は株を市場から買い戻して株を証券会社に返済する。

これが基本的な形だ。ところが、信用取引の場合、上記の方法以外にも「現引き」「現渡し」という方法で信用取引を片付ける(決済始める)ことができます。

現引きは?

現引きは、信用取引で買った株の「当初の買い付け代金を証券会社に別途払う」結果、信用取引で購入した株をもちまして現物株として口座に持ち込む方法だ。
たとえば、信用取引で100万円(1株10000円で100株)でA株を購入したってする。現引きはあとから証券会社に100万円の現金を引き渡す結果信用取引で購入したA株を自分の株式(現物株式)として口座に持ち込むというものです。

現渡しは?

現渡しは、信用取引の空売りをしている時に、保有する現物株を証券会社に渡す結果その決済とするはで、現渡しした株を現物株口座から消えて、空売りした時の代金が口座に入金されるというものです。
例えば、空売りでB株を100万円分(1株10000円で100株)を売ったたといったする。現渡しは自分が現物として保有しているB株100株をあとから証券会社に差し出す結果空売りを決済やる方法となります。自分の口座には空売りをした時に受けるはずの現金(この場合は100万円)が入金されます。

「現引き」「現渡し」を使って株の手数料を節約

こういう「現引き」「現渡し」には手数料はかかりません。
これを活用することで、現物株を買いたいとき、保有株を売却したいときに信用取引+「現引き」「現渡し」を使うことで安く決済もらえるわけです。

左仮に300万円の株を買う時、信用なら388円の手数料で済みますが、現物株の場合994円という2.5倍強の手数料がかかります。こういう差を利用します。

バイナリーオプションコツつかみ方

私の投資スタイル

自分に当てはまる株式投資法を生じるのか。
それは、長くをかけて市場に向き合い、
自分に適した投資法を確立するしかない。
まー、こういうブログを読んで受け取るほど株式投資色恋は、

短期トレーディング向き
なんじゃないかな(笑)
心の中では、ウォーレン・バフェットの長期投資に憧れてたりも
始めるんだろうけど・・・。

正真正銘僕がそのタイプだからね。
散々長期投資です、バフェットです、とのたまわった挙句、
投資方針はぶれっぶれの状態で5年〜10年位さまよったからね。

さまよったというか、
自分の投資法確立するのに僕はこれくらいの時間がかかった。
確立したと思った今でも迷いが生じることがある。

ま、株式投資で自分にあったやり方を確立するのは
一朝一夕では出来ないんだということを分かってもらえればいいかな。
も、長いこと市場に向き合っていれば、
それは確実にみつけることが出来るから。

FXバイナリーオプションブログ

ETFについて

景気の停滞期には割安株投資ほど嬉しいものはありません。しかし景気の拡大局面においては相場の上昇によって投資やる案件が減っていくので、あえて今個別株に新規に投資する動機がどんどん薄れて来る。

しかし好景気を予想しているのに買わないという選択はナンセンスなので、見落としを遠退けるためにETFによるのです。これが私が現在ETFしか売買していない理由になります。

一方で景気の拡大を予想しているわけですから、以前から仕込んでいらっしゃる高配当株はそのままホールドだ。時折失望銘柄を並べるぐらいです。

ここ2年くらいはキャピタルゲイン狙いの売買はETFを通じてする。酷いやり方は使わず、オールド移動平均線やボックス理論、出来高や信用取り組みなどに注目するオールドやり方だ。

むずかしいやり方をしていないのは好景気局面が貫くといった予想していたからで、基本上昇トレンドが貫くなら無駄口をしないほうが稼げるからです。無駄口は、移動平均から上方に乖離した時の高値つかみ、下方に乖離した時の狼狽売りなどです。これらは相場の見通しに対して定見を持っていれば回避できます。

このやり方(トレンドフォロー)の欠点は、トレンドの転換点を見極めるのが酷い点と、トレンドの転換点付近でポジションが膨らむ危険性がある点だ。

例えば日経平均2万円は以前の水準に比べて高値に見えますが、もし硬い上昇トレンドが発生した場合は昨日の高値が今日の安値となるので、様子見を通じていた人は置いていかれます。株価の節目節目でおんなじことが起こり、トレンドについていけない二流が大量に発生します。

これを何度も何度も増やすと、相場は最後まで上昇に関してきた少数の勝者と、振り落とされた多数の二流で構成される事になります。やがて異常値まで騰がった株価を弁解講じる理論が出来上がり、振り落とされた多数の二流や様子見組が「安心して」相場に参加するようになった時にバブルが発生します。

つまりトレンドフォローで賢く勝ち抜け落ちるには、何度も何度も振り落としに耐えた末に、バブルが発生して進行した後に降りなければなりません。これは超難度のゲームだ。尋常な握力ではありません。

たいていはトレンドの転換点を見誤って早売りするか、もしくはトレンドの頂点で大きなポジションを有するままになり大損します。

そういった「修羅の道」から自由になったのが保ちっぱなしのインデックス投資だ。タイミング投資で最終的に勝ち抜き取れるには日頃の研鑽が最低限必要なので、私はどんなに株価が高値に見える時でも相場から完全に足を抜くことはしていません。

バイナリーオプション攻略法